小澤竹俊医師の経歴や大学は?宗教や講演会と年収が気になる!

プロフェッショナル仕事の流儀に訪問診療医・小澤竹俊医師が出演されるそうです。

 

「最期の日は、わが家で迎えたい」、そんな患者や家族の希望に寄り添い続ける医師が小澤竹俊さんだそうだ。

 

そんな小澤竹俊さんを調べて見ると宗教とか講演会などちょっと気になるワードが出てきたのでその辺りも調べてみました!

 

 

Sponsored Links

小澤竹俊医師のプロフィール

 

小澤竹俊

 

 

  • 名前   小澤竹俊(おざわ たけとし)
  • 生年月日 1963年1月29日
  • 年齢   53歳
  • 出身地  東京都
  • 現職   めぐみ在宅クリニック院長

 

※在宅医療関係だと有名なのは在宅医療の最前線に挑んでるやまと診療所の安井佑医師もいます。現在日本では自宅で最期を迎えたいと希望する人は7割、実際に自宅で最期を迎えるのは1割と話す安井佑医師の詳細な情報はこちらから!

 

小澤竹俊さんが医師になったきっかけは”世の中でいちばん苦しんでいる人の為に働きたい”という思いがあったからだそうです。

 

 

いくら人の為になりたいと思ってもなかなか医師になるのは大変ですよね。

 

元々勉強が出来て頭も良かったからこそ夢が叶ったのだと思いますが。。

 

また自身のTwitterには人生とは?といった事へのメッセージが多く投稿されています。

 

現在携わっている人生最後についての考えも多く見受けられますね。

 

小澤竹俊さんが在宅医療の在り方や考えをいかに一生懸命取り組まれているかの情熱が伝わってきます。

 

出身大学と経歴は?

 

1987年に東京慈恵会医科大学医学部医学科を卒業する。

 

また1991年には山形大学大学院医学専攻博士課程卒業し運動負荷心電図にて学位取得。

 

1991年から93年まで、山形県立中央病院救命救急センターで循環器医として勤務。

 

1993年から1994年山形県西置賜郡白鷹町立病院内科を務めていました。

 

1994年より横浜甦生病院ホスピス勤務後、1996年よりホスピス病棟長に就任しました。

 

そしてその後、2006年10月にめぐみ在宅クリニックを開設に至りました。

 

横浜甦生病院は主に治療が困難となった方の受け入れを行っていてどう人生を終えるかといった精神面のケアもかなり充実していている病院のようです。

 

噂によると病院事体の雰囲気もとても暖か味があり、働いている看護師さん同士もコミュニケーションが密に取られていてなかなか他にはない素敵な環境が整っているそうです。

 

きっと小澤竹俊さんもこういった病院で勤務してみて色々と思う所があったのかもしれませんよね。

 

 

のちのにめぐみ在宅クリニックの開業にもきっといい影響を与えたのではないでしょうか?!

 

 

Sponsored Links

宗教と講演会の情報も調べてみました!

 

 

 

講演会の内容が気になる方はこちらからどうぞ!

 

 

小澤竹俊さんはクリスチャンのようです。

 

その為人生の終わり方や生き方もクリスチャンが元となっていているようですね。

 

”人は亡くなった後は天国に行く。なので亡くなる事は人生の通過点”とお考えのようです。

 

ようするに輪廻転生のように考えていて一つの人生の幕を閉じる際に何がお手伝い出来るのか?と考えているのではないかと思います。

 

気になる講演会ですが、人生最後を迎える人は何を思っているのか理解して支えてあげる事が大切といった内容でした。

 

理解するという事は医療技術がどうという前に大事な事だと言います。

 

またこれから迎える高齢化社会においてたくさんの方が人生を終える瞬間が訪れる事になるといいます。

 

その時にこうして理解をして支えてくれるという人が不可欠になるのでぜひそういった人をこれから育てて行きたいといった考えをお持ちのようですね。

 

年収はいくらか予想!

 

小澤竹俊さんの年収ですが具体的な情報は見つける事が出来ませんでした。

 

噂によると年収は1500万円くらいではないか?と言われているようですね。

 

確かに在宅医療の現場で働いたり、講演会での活動など行っているのでこれくらいの年収もしくはこれ以上の稼ぎがあってもおかしくはないと思います。

 

まとめ

 

今回は小澤竹俊医師の経歴や大学は?や宗教や講演会と年収が気になる!という事で調べてみました。

 

最近、在宅医療について取り上げているメディアがとても多いように感じます。

 

きっとそれだけ世の中でも必要とされていたり、注目されている分野なのだと思います。

 

ぜひ今後の活動に注目したいと思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*