神いっきの国籍や本名は?出産や子供と判決について調べてみた!

 「声優のアイコ」と名乗る女による連続昏睡(こんすい)強盗事件で、昏睡強盗などの罪に問われた無職神いっき被告(33)の論告求刑公判が22日、東京地裁(石井俊和裁判長)であり、検察側は懲役15年を求刑した。

という情報が入りました。

 

声優のアイコ=神いっきについて調べてみました!

Sponsored Links

国籍と本名は調査!

 

国籍は噂によると在日韓国人?という話も出ているようですがはっきりとはわかりませんでした。

 

本名は神いっき(じん いっき)のようです。

 

ちなみに”いっき”という名前は改名したあとの名前のらしいです。

 

そして神いっき被告の戸籍は女性という登録になっているそうですよ。

 

ですが神いっき被告はトランスジェンダーで性認識は男性ということで普段の生活も男性として過ごしていたようです。

 

普段の生活で女性扱いされるのを嫌がっていたそうで胸は除去する手術を受けて、男性ホルモンを打ち体つきは男性のようになって過ごしていたようですね。

 

 

出産や子供について

 

神いっき被告は体つきは男性のようだったようですが性転換手術は受けていなかったそうなので女性として妊娠、出産は可能だったようです。

 

妊娠したきっかけは売春や昏睡強盗の被害者と関係を持ったのでは?とも噂されているようです。

 

ですが本人の供述によると昏睡状態で無理やり強姦されたことが原因と言っているそうです。

 

一時は堕胎も検討していたようですが悩むうちに安全に堕胎できる期間も過ぎてしまい最終的には産みたいとという意思も持ち始めて出産にいたったそうです。

 

2014年12月に出産した赤ちゃんの性別は女の子だったようです。

 

一方で神いっき被告は”なぜ妊娠したのかもわからない。人格が変わっていたのでは?”とも話しているそうなので昏睡状態での強姦が果たして本当だったのかもわからないようです。

 

Sponsored Links

判決についても調べてみた!

 

「声優のアイコ」と名乗る女による連続昏睡(こんすい)強盗事件で、昏睡強盗などの罪に問われた無職神いっき被告(33)の論告求刑公判が22日東京地裁(石井俊和裁判長)であり、検察側は懲役15年を求刑した。

 

 そして、弁護側は「別人格による犯行だ」と述べ、無罪を主張し結審したとのことです、

 

判決は4月28日に出るそうなので今後情報公開されたら追記していきます!

 

まとめ

今回は神いっき被告について調べてみました。

 

多重人格なのでは?ともいわれているそうなのでこれから最終的な判決がどうなるのかの行方も難しそうな感じがしました。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*