明神礁(みょうじんしょう)の位置や場所の地図画像!噴火はいつ?被害予測も調査!

伊豆諸島南方にある海底火山 ” 明神礁 “付近で、海面が黄緑色に変色しているのが見つかったというニュースが入ってきました。

今後、小規模な海底噴火がおきる可能性があるということで、海上保安庁は航行警報を出して周囲を往来する船舶に警戒を呼びかけているそうです。

そこで今回は明神礁(みょうじんしょう)の位置や場所の地図画像が気になるということで調べてみました。

また噴火はいつ頃被害予測も調査してみたいと思います。

 

Sponsored Links

明神礁(みょうじんしょう)の位置や場所の地図画像が気になる!


  
  
  

Sponsored Links

噴火時期の予測について調査!

 

海面の変色が見つかったのは明神礁付近ということで今後、明神礁で噴火が起こるのではと警戒されているようです。

 

噴火の具体的な時期についてはまだわかっていないようです。

 

今後の調査の動向に注目したいと思います。

 

被害予測も気になる!

 

”明神礁”は伊豆諸島の青ヶ島の南にある海底火山の”ベヨネース列岩”の一部で周辺は戦後、数年おきに噴火を繰り返しているといいます。

1952年には調査中の海上保安庁の測量船が激しい噴火に巻き込まれてしまい乗組員31人全員が亡くなったそうです。

また、最後に海面の変色が確認されたのは1988年で、今回の変色はこのとき以来29年ぶりだということです。

今回、小規模の噴火が予測されているということですが過去の事例を見ても船が巻き込まれているという被害も起こっているようですね。

またどのくらいの範囲で被害が予想されるのかは具体的にわかっていませんでした。

まとめ

 

今回は明神礁(みょうじんしょう)の位置や場所の地図画像!噴火はいつ?被害予測も調査!ということについて調べてみました。

 

過去にも噴火を繰り返しているということでまた噴火が起こるのではと心配になりますよね。

 

引き続き明神礁の調査が行われると思うので今後の調査結果に注目したいと思います。

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です