キャッシュアウト(レジ出金)とは?メリットやデメリットと店舗や預金を調査!

 

日本電子決済推進機構は4月6日にキャッシュカードを使って買い物ができるデビット機能の拡大を2018年4月に行なうというニュースが入ってきました。

 

もし利用可能になれば買い物する際のスーパーのレジなどでも預金が下せるようになるそうです。

 

今回はキャッシュアウト(レジ出金)とは?について調べてみました。

 

また、メリットやデメリットと店舗や預金を調査!ということでさっそくみていきましょう!

 

Sponsored Links

 キャッシュアウトについて調べてみた

 

キャッシュアウトとは今まであったデビットカードのような感覚で現金からお買い物ができるというシステムのようです。

 

今まであったデビットカードの利用と少し違うところはその場で下した現金をすぐに手にすることができるという点です。

 

キャッシュカードを介しての利用になるそうですが手続きはスーパーなどの店頭の店員さんが手続きを行なうそうですよ。

 

そして下したお金はすぐに預金からATMを使っておろすのと同じような感覚で引き出されるというようになるそうですね。

 

ATMが少ない地域などでの利便性が目的で導入されているようです。

 

 メリットやデメリットについても調査

 

メリットはATMがなくても現金を下すことが出来てその場ですぐに現金を手にすることが出来るという点です。

 

今現在お金を下そうということになると自分の預金している銀行のATMを探すかもしくはその銀行が利用できるATMを探しますよね。

 

でもその手間が省ければその場で現金で支払いたい方もわざわざATMに行く必要がなくなると思います。

 

また大きな現金を持って買い物に来なくてもいいという点もあげられますね。

 

こういったところがキャッシュアウトの良い点だと言われています。

 

欧米ではキャッシュアウトはごく当たり前の機能として利用されているそうです。

 

日本でも導入が検討されたのはオリンピックを目前に海外の方に向けて利用していただくための機能拡大なのかもしれません。

 

逆にデメリットと言えば店頭での現金の引き出しになるので色々な人が見ているという防犯上の欠点はあると思います。

 

また 個人情報の取り扱いや店頭のレジにたくさんの現金を用意しなくてはいけないという点もあげられると思います。

 

まだまだキャッシュアウトを実際に導入するにはいろいろと検討すべき点がありそうです。

 

Sponsored Links

 該当店舗はどこか気になる

 

キャッシュアウトが実際に利用できる該当店舗ですがまだ決まっていないようです。

 

おらくキャッシュアウトの利用が可能になれば大手のスーパーやほとんどのお店などのレジで利用が可能になると思われます。

 

また日本での導入が検討されているのが店頭利用以外にタクシーや宅配などのサービスなどの際にも利用が出来るようにしようという動きがあるそうです。

 

タクシーや宅配などのサービスで利用できるのはとても便利なことになりそうですね。

 

しかしながら現金をその場で手渡す必要があるのでタクシーや宅配などのサービス側は現金を準備しておくという点が課題だと言えます。

 

仮にタクシーや宅配などのサービス業の方がたくさんのお金を持ち歩いているとなると移動もありますしこのままですと防犯上もよくないと思います。

 

どのように実際にキャッシュアウトの導入が検討されているのかなど課題が残りそうですね。

 

 預金が出来るか調べてみた

 

キャッシュアウトの機能で預金ができるという話は今のところないようですね。

 

おそらく店頭などで現金を引き下ろして手に出来ると言うシステムのみになるのではないかと思われます。

 

また、キャッシュアウトの機能がATMの代わりになるとは言われていますが結局、預金が出来ないということになるとATMの設置拡大も同時にしなければならないと思います。

 

まとめ

 

今回は キャッシュアウト(レジ出金)とは?メリットやデメリットと店舗や預金を調査!ということで調べてみました。

 

キャッシュアウトの機能は確かに導入されれば便利になると思います。

 

しかし防犯上の課題や現金を用意するという点は課題になりそうですね。

 

今後どのようにキャッシュアウトの利用が可能になるのか注目が集まりそうです。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です