エンケラドスでNASAが水素発見!生命の可能性や酸素はあるか調査!

 

NASA(アメリカ航空宇宙局)は13日に土星の惑星の1つから生命の誕生に必要と考えられる水素が見つかったというニュースが入ってきました。

 

そしてNASAは地球外での生命を育む環境が整っている可能性があるということも発表されました。

 

これは一気に地球外生命体の発見の予感?!がしてきましたね。

 

今回はエンケラドスでNASAが水素発見!について調べてみました。

 

また生命の可能性や酸素はあるか調査!こちらも見ていきたいと思います 。

 

Sponsored Links

 エンケラドスとは何?

 

NASAの発表によりますと直径およそ500キロの土星の惑星のようです。

 

また、エンケラドスは表面が2~60キロの分厚い氷で覆われた惑星で土星の重力などによる変形で衛星内部が熱を持ち分厚い氷の地下には広大な海が広がっているとみられています。

 

そして今回エンケラドスの地表の裂け目から宇宙に吹き出す海水を調べた結果豊富な水素が見つかったと言います。

 

 水素を発見したが酸素はあるのか調査!

 

水素の発見以外にも酸素があるのかどうかはまだわかっていないようです。

 

ですがアメリカのジョーンズ・ホプキンス大などの研究チームによりますとアメリカの探査機カッシーニが地球の原始的な微生物が水素を食用に利用しているということも発表されています。

 

 

また、分析の結果では最大で1.4パーセントの水素分子と0.8%の二酸化炭素が含まれていることが分かっているそうです。

 

まさかここまで研究が進んでいたなんてびっくりですよね。

 

もし酸素があるとすれば今回エンケラドスには海水も見つかったということですので人間が住めそうな予感がしてきましたよね!

 

今後調査が進めばもしかすると酸素があるのかないのか分かってきそうですね。

 

また何か情報が入りましたら追記したいと思います。

 

Sponsored Links

 

 生命の存在する可能性はあるのか?

 

NASAによりますと水素は生命の誕生に重要な役割を果たすといいます。

 

そして将来の探査によってこの衛生で生命が発見される期待が高まっているとまで言われているようですね!

 

またアメリカのジョーンズ・ホプキンス大などの研究チームも生命誕生の条件がエンケラドスにも可能性があることを示唆するという論文をアメリカの科学誌サイエンスに掲載したということです。

 

ということはもしかすると今まで見たことないような生物の発見やはたまた今まで正体のわからなかった宇宙人などの存在も何かわかるきっかけになるかもしれませんよね。

 

今のところは生命の発見はまだないようですが今後調査が進めば生命の発見も期待できそうですね!

 

今後の調査の動向に注目したいと思います。

 

まとめ

 

今回はエンケラドスでNASAが水素発見!生命の可能性や酸素はあるか調査!ということで調べてみました。

 

今回の調査で謎の多かった地球外生命体の存在などの解明が一気に現実味をおびてきましたね。

 

今後どのような発見がるのか注目が集まりそうです!

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*