大木隆生教授の所得隠し原因や理由は?神の手の評判や顔画像も調査!

血管外科の世界的権威として知られる大木隆生教授が2000万の所得隠しをしていたとして指摘されたということがニュースで入ってきました。

 

大木隆生教授は大動脈瘤の治療のスペシャリストとして知られるそうです。

 

そして大木隆生教授は神の手とも呼ばれてるそうですよ。

 

ということで調べてみました!

Sponsored Links

大木隆生教授の所得隠しの原因や理由と調べてみた!

 

コンサル会社と医学研究会が、東京国税局の税務調査を受け、7年間に計約9000万円の所得隠しを指摘されていたことが分かったとのことです。

 

7年間で9000万の所得隠しということですから長い間発見されなかったんですね。

 

研究会の活動は非営利の社会貢献にあたるなどとして税務申告をしていなかった。

 

しかし、シンポジウムの会場では医療ヘルス機器も展示されて出展した企業から研究会に展示料が支払われており、国税局は収益事業に当たると判断したとのことです。

 

また、打ち合わせ時の飲食代などの経費を巡り、コンサル会社が研究会から得た収入などについて、国税局は経理処理に問題があり所得隠しに当たると認定した模様だ。

このことに対して顧問弁護士は「国税局とさまざまな点で見解の相違がかなりあった。顧問税理士から争うべきだと助言を受けていたが、教授は患者の命と向き合う医療に専念するため早期決着を選択した」などとコメントしたとのことです。

 

このさまざまな点で見解の相違というところが、納得してないが払ったよと聞こえる感じがしますが、、、。

 

真相はどうなんでしょうね。

 

大木隆生教授は神の手と言われてるが評判が気になる!

 

大木隆生教授は最先端の人工血管のステントグラフトという 小さく折り畳んで足の血管から挿入し、バネの力を使って大動脈瘤の内側で開いて固定し、破裂を回避する高い医療技術が神業とも呼ばれてるようです。

 

大木隆生教授はマスコミにも数々と取り上げられているそうです。

 

有名なところですと、たけしの本当は怖い家庭の医学やNHK のプロフェッショナルなどにも出演されていたようですよ。

 

そして、大木隆生教授はステングラフト手術をはじめ 様々な疾患に対して患者さんの負担を最小限に抑える手術を心がけているそうです。

 

また、 大木隆生教授は1日に20時間に及ぶ診察や手術を年中休みを取ることなく続けているということです。

 

世界で一番喜ばれる人とも言われてるそうですよ。

 

ということはかなり評判が良いということですね。

 

なので今回のようなことは残念なニュースんだなと感じました。

 

 

Sponsored Links

顔画像も調査!

 

 

こちらが大木隆生教授の画像になりますね。

 

優しそうな感じがします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

神の手と呼ばれる 大木隆生教授の所得隠しというニュースが出てしまったことがとても残念に思います。

 

様々なメディアに出演されるようなスーパードクターなわけですから、 大木隆生教授をしようとする患者さんにこれからも全力を尽くして頑張ってもらいたいと思います。

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*