挾土秀平の経歴や年収は?息子や嫁と作品画像が凄い!

 

左官職人の挟土秀平さんは現在さまざまなメディアで取り上げられるほどすばらしい職人さんとしてご活躍されています。

 

また、挟土秀平さんの作る壁は作品としても価値が高く今ではドラマやありとあらゆる壁を生み出しているそうです。

 

今回は挾土秀平の経歴や年収は?について調べてみました。

 

また、息子や嫁と作品画像が凄い!ということでさっそく見ていきましょう!

 

Sponsored Links

 

挾土秀平さんのプロフィール

 

名前 挾土 秀平 (はさど しゅうへい)

生年月日 1962年7月1日 (54歳)

出身地 岐阜県高山市(飛騨高山地方)

職業 左官技能士

 

挾土秀平さんの出身地ってあのアニメ映画『君の名は。』の舞台にもなった飛騨高山地方なんですね!

 

挾土秀平さんも物づくりをされる職人さんなので地元が舞台になったアニメ映画はどんな風に目に映ったのかも気になります。

 

そして挾土秀平さんの好きな歌手はあの『矢沢永吉さん』

 

挾土秀平さんはカラオケも大好きなようで矢沢永吉さんの曲を仕事の区切りがつくたびに歌っているそうです。

 

まさか永ちゃんの大ファンでカラオケが好きとはかなり意外でした!

 

カラオケは挾土秀平さんにとってのストレス解消法で仕事で良かったことも悪かったことも歌にのせて全てリセットするようにしているそうです。

 

やっぱり仕事のできる人はオンとオフのスイッチの切り替えが上手なんですね!

 

ものづくりをされている挾土秀平さんにとって心のバランスは本当に重要なんだと思います。

 

挾土秀平さんは『土壁はほとんど水分でできているので扱いが非常に難しい』とおっしゃっていました。

 

きっとその時の自分のよかった時の気分や逆に悪かった時の気分がその作品に出てしまっては良くないですもんね。

なんだか仕事も趣味も全力でカッコイイですね!

 

経歴や年収が気になる!

 

挾土秀平さんのご実家はもともとお父様が左官職人さんとしてご活躍されていたようです。

 

なので挾土秀平さんも小さい頃から『左官になりたい』とおっしゃっていたそうです。

 

お父さんの背中を見て憧れを持っていたのかもしれませんね。

 

高校卒業後は熊本県の建設業者上内工業株式会社で修行されたそうです。

 

そしてそこで経験したことを忘れまいとすべてノートに記録していたそうです。

 

きっと素直な心でスポンジのようにどんどん技術を吸収していったに違いありませんよね。

 

そしてその後21歳の時に受けた『第21回技能五輪全国大会左官の部』で見事優勝されたそうです。

 

この時 挾土秀平さんは左官の仕事についてから2年1か月での優勝ということで左官業界では異例中の異例ということでかなり話題になったようですね。

 

その後は25歳でお父様のされていた『挾土組』の跡取りとなったそうです。

 

そして2001年に『職人社 秀平組(有限会社)』を設立されました。

 

そして気になる年収ですが数々の多いな作品や内装を手掛けています。

 

ちなみに左官職人さんの平均年収は350万くらいのようです。

 

材料費なども結構掛かりそうですが挾土秀平さんは会社も持たれていてトップクラスの左官職人さんなのでおそらく数千万円はありそうです。

 

Sponsored Links

 

息子の嫁も調べてみた!

 

挾土秀平さんには息子さんがいらっしゃるそうです。

 

過去のインタビューで息子さんも『左官職人になりたい』とおっしゃっていたそうです。

 

なのでお父さんと同じように活躍される日もそう遠くはなさそうですね。

 

挾土秀平さんも『左官として息子には教えたいことは山ほどある』とおっしゃってました。

 

また挾土秀平さんの息子さんのお嫁さんですがまだ情報はないようでした。

 

また情報がありましたら追記したいと思います!

 

作品画像をまとめてみた!

 

 

 

 

まとめ

 

今回は挾土秀平の経歴や年収は?息子や嫁と作品画像が凄い!ということで調べてみました。

 

これからもどんな作品で魅了してくれるのか楽しみですね。

 

今後の挾土秀平さんのご活躍に期待したいと思います。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です