安井佑(医師)のwikiプロフィールや経歴は?結婚や画像を調査! 

2017年1月26日(木)放送予定のカンブリア宮殿に在宅医療の最前線に挑んでるやまと診療所の安井佑さん。

慣れ親しんだ我が家で最後を迎えたい。。

そんな希望をする方たちの望みを叶えて上げたい、その希望を叶えるプロフェッショナルだそうです!

現在日本では自宅で最期を迎えたいと希望する人は7割、実際に自宅で最期を迎えるのは1割なんだそうです。

そんな難題に挑んでる安井佑さんが気になったので調査してみました!

Sponsored Links

安井佑のwikiプロフィールと経歴

名前 安井佑

年齢 36才

出身地 東京都

学歴 東京都大学医学部

職業 医師

1980年 東京生まれ

2005年 東京大学医学部卒業

2005年4月 千葉県旭中央病院

2007年9月~2009年3月 NPO法人ジャパンハートに所属し、ミャンマーにて臨床医療

巨大サイクロン襲来時には現地にて災害支援活動を展開

2009年4月 杏林大学病院

2011年4月 東京西徳洲会病院

2013年4月 やまと在宅診療所を開業

 

経歴をざっと見るだけでもすごいですね!

安井先生は医師になって3年目で1年半くらい、ミャンマーで活動されてたんですね。

医師になるとこのような活動とかもみんな経験するんですかね~。

 

おそらく安井佑先生だから自主的にこういう医療に関わりたいと思ったのだと思います。

なぜなら医療について深い考えを持ってるみたいですからね。

そもそも安井佑さんは医師なろうと思ったんでしょうか??

安井佑

 

医師になった理由

実は高校生の時お父さんをガンで亡くされたそうです。

 

ガンが見つかってお父さんに何もしてあげられない自分にものすごい無力感を感じだそうです。

そして、もう二度と同じような思いを経験したくないという気持ちから医師になろうと決めたそうです。

なるほど~。。

やっぱり、その育ってきた環境によって考え方って変化しますよね。

安井佑さんの場合つらい思いされたからこそ医師という道しかないという目標になったのですね。

そしてミャンマーでの医療活動も自分の医療の考え方が変わったと話していますね!

 

Sponsored Links

 

そこで衝撃を受けたのはミャンマーの人々の考え方でした。

ミャンマーの人々は輪廻転生という考え方があるみたいで人の最後迎えるということに自然なものとして受け入れられてたそうです。

一方日本では終末期でも”死んではいけない””死なせない”という概念に支配されてると言います。

人はいつかは最後を迎えます、どうしたらその人らしい最後を過ごせるかという思いから在宅医療に取り組むようになったみたいですね。

結婚は?

そんな素敵な先生ですから結婚はされてるのか気になりますよね!

そこでいろいろ調べました!

が、、、

すいません、結局わかりませんでした^^;;;

36才と年齢的にも結婚しててもおかしくないでしょうね。

もしかしたらその辺りも1月26日(木)放送予定のカンブリア宮殿でわかるかもしれませんね!

まあ、こんな素敵な人だしイケメンだし周りの女性は放っておかないでしょう(笑)

安井佑

まとめ

安井佑先生は在宅医療にとても力を入れてる方です。

普通に考えてしまうと、どんな状態でもなんとかして最後まで助ける!っていう感じの考えが一般的な感じがします。

しかし、患者さんの気持ちを尊重した在宅医療というのも素敵なことだなと思いました。

最後に、そんな素敵な安井佑先生のやまと診療所の住所を載せておきます。

“医療法人社団 焔 やまと診療所

住所:東京都板橋区東新町1-26-14

アクセス:東武東上線 上板橋・ときわ台 南口徒歩12分

受付時間:月曜~金曜 9:00~17:00 (祝日・GW・年末年始を除く)”

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*