高橋洋子の年収が凄い!現在の仕事や本名と旦那や娘を調べてみた!

 

高橋洋子さんといえばエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』などで有名になりましたよね!

 

あの歌唱力は今も変わらないようで素敵すぎます。

 

今回は高橋洋子の年収が凄い!について調べてみました。

 

また現在の仕事や本名と旦那や娘を調べてみた!ということでさっそく見ていきましょう!

 

 

Sponsored Links

高橋洋子さんのプロフィール

 

 

 

名前 高橋 洋子 (たかはし ようこ)

生年月日 1966年8月28日 (50歳)

身長 167cm

血液型 O型

出身地 東京都

 

高橋洋子さんといえば言わずと知れたエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』の歌手として有名ですよね!

 

いつ聞いてもとっても素敵な歌声は変わらず好き!という方も多いのではないでしょうか?!

 

 

こちらはLIVEの様子です。

 

 

本名も気になる!

 

高橋洋子さんの本名は『塚本洋子さん』という情報がありました。

 

ご結婚されて旦那様の苗字になられたとのことですので『塚本さん』?ということなのかもしれません。

 

ということは『高橋さん』が旧姓なのかもしれませんがあくまでも噂なので旧姓が塚本さん→本名高橋さん?!の可能性もありそうです。

 

現在の仕事について調べてみた!

 

高橋洋子さんの現在の仕事ですがやはり歌手として現在も活躍中のようです。

 

最近では鷺巣詩郎さんが手掛けたアルバム『SHIRO’S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music』を3月22日(水)にリリースされたアルバムに高橋洋子さんも参加されたようです。

 

高橋洋子さんは『鷺巣詩郎 featuring 高橋洋子』ということで「TENSIONS – he who pays the piper」という新曲を発表されました。

 

その中には『新世紀エヴァンゲリオン』の劇中曲『EM20』をヴォーカル曲としてアレンジされたもののようで気になりますね!

 

同日に発売される高橋洋子さんのシングル曲「Welcome to the stage!」の収録曲「TENSIONS – welcome to the stage」とは別ヴァージョンとのようです。

 

 

こちらは高橋洋子さんのシングルに収録された曲です。

 

 

 

 

エヴァンゲリオン世界感と高橋洋子さんの歌声がかっこよくマッチしてますね!

 

Sponsored Links

年収について調査!

 

過去にカラオケ印税が凄そうなアーティストいうランキングで1位になったこともあるようでやはり印税も結構すごいのではないでしょうか?

 

1位になった理由はカラオケの履歴で必ずあるからというものが多かったようです。

 

そして『残酷な天使のテーゼ』を作詞された及川眠子さんはテレビで印税はすごいと告白されていたようです。

 

どれくらいすごいかというと年収は3000万を切ったことがないとおっしゃっていたようです。

 

もちろん歌手である高橋洋子さんにも印税は入ってくると思われるので数百万円以上は稼いていてもおかしくはないのでは?と思います。

 

旦那や娘のことも気になる!

 

高橋洋子さんはご結婚されているそうです。

 

ですがお子さんが娘さんなのかの情報もはっきりとはわかりませんでした。

 

おろらく一般の方だと思われるのでご家族のことは普段の生活もあると思うので非公開なんだと思います。

 

今後何か情報が分かれば追記したいと思います!

 

まとめ

 

今回は高橋洋子の年収が凄い!現在の仕事や本名と旦那や娘を調べてみた!ということで調べてみました。

 

歌手として現在も活動されているようなので今後も気になりますね!

 

高橋洋子さんのご活躍に期待したいと思います。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です