ヒアリが日本で生息している場所はどこ?毒の強さや対処方法と症状がヤバい!

 

 

 

ヒアリが今、猛毒で危険なアリとして話題になっているようです。

 

最近では日本にも上陸したのではないか?ということで大騒ぎになりました。

 

今回はヒアリが日本で生息している場所はどこ?について調べてみました。

 

そして毒の強さや対処方法と症状がヤバい!ということでこちらも調査してみました!

 

Sponsored Links

 ヒアリが日本で生息している場所はどこ?

 

 

ヒアリは猛毒で知られていて日本に生息しているとなると非常に危険なようですが日本ではいったいどこに生息しているのでしょうか?

 

 

最近では環境省が中国から神戸港に入港し兵庫県尼崎市内に運び込まれた貨物コンテナで発見されたと発表があり騒ぎになりました。

 

 

その後はコンテナは燻蒸消毒が行われたそうでコンテナ内にいたヒアリはすべて駆除されたようです。

 

コンテナ内の駆除後も引き続き生き残ったヒアリがいないかどうかの獲物トラップを仕掛けての調査も行われているようです。

 

ですが今のところはコンテナで発見され駆除も済んでいるので環境省も日本でヒアリが定着し繁殖している可能性は低いとされているようです。

 

ということは今のところはまだコンテナ以外ではヒアリが生息しているという情報はないようですね。

 

ですがあれほど危険と騒ぎになりましたのでもういませんよ!と言われてもあまり安心出来ない気がするのは気のせいでしょうか?!

 

そうなると日本以外ではどこで発見されて本当はどこに生息しているのかなども気になりますよね!

Sponsored Links

ヒアリの生息地を調べてみた!

 

 

ヒアリは調べていると元々南米に生息するアリのようで亜熱帯などの開けた草地などに生息しているようです。

 

 

そして最初に南米以外で発見されたのは1930年代のアメリカだったようでこの時も船荷によってヒアリ侵入が確認されているそうです。

 

そしてアメリカ以外にも世界各地で発見されているようでオーストラリアやニュージーランド、マレーシア、台湾、中国などでもヒアリが確認されているそうです。

 

となるとすでにアジアにも進出しているようですので日本で発見されるのも時間の問題とも言われていたそうです。

 

なので日本で発見された時はついに日本でもヒアリが生息しているのでは?ということで大騒ぎになったというわけなんですね。

 

なんだか知らないって本当に怖いことですよね!

 

そしてもし仮に日本でも定着した場合には在来のアリの存在が影響を受けるとされているようです。

 

そうなると生態系なんかも変化してしまいそうでとても怖いですね。

 

そして危険!と騒がれているのはヒアリは猛毒だからとされていますがアリが毒があるなんてちょっと信じられない感じもします。

 

というわけで猛毒のヒアリとはいったいどれくらい毒が強いのかも調査してみました!

 

 ヒアリの毒の強さを調査!

 

 

ヒアリはアリというくらいなのでそんなに毒も危険じゃないのかな?なんて思っていましたが私、甘く見過ぎていました。

 

実はヒアリはハチ目スズメバチ上科アリ科という種類のようで毒性はあのスズメバチ並みと言われているようです!

 

スズメバチと聞くとさすがにヤバい!とても危険なんだと気付かされます。

 

しかもハチのように一匹で刺すのではればわかりますがヒアリが集団で節足動物や爬虫類、小型の哺乳類まで捕食してしまうというかなり攻撃的だということもわかっているようです。

 

まさかこんなに危険だとは想定外で唖然としてしまいました。

 

いくらまだ日本には生息はしていないといわれても実は、なんて時の為に刺された時の対処方法やその症状なんかも合わせてチェックしておきたいものです!

 

Sponsored Links

 刺された時の対処法と症状を調べてみた!

 

 

まずヒアリは強い毒性があるため素手で触ってはいけないようです。

 

そして刺された場合ですがこれも個人差があるようです。

 

軽い場合であればチクッした痛みとかゆみ程度で収まるそうです。

 

ですが場合によってはヒアリの持つアルカイド系の毒(ソレノプシン)によってとても激しい痛みに襲われて水泡状に腫れ上がるそうです。

 

また、ヒアリは何度も刺す特性があるようで一度に何匹ものヒアリに刺されるとアレルギー反応が起きて最悪の場合、呼吸困難や命を落とすといった可能性もあるようです。

 

これはハチに刺された時に起こるアナフィラキシーショックと同じようにヒアリの持つソレノプシンという猛毒によるもののようです。

 

アナフィラキシーショックになるとめまいや頭痛、激しい胸痛、吐き気、低血圧、呼吸困難などに陥り放置すれば命に関わる危険な状態になってしまうようです。

 

なので刺された!と思ったら一刻も早く医療機関を受診することが必要なようですね。

 

特ハチに刺されてアレルギー反応が出たことある方は特に注意が必要と言われているようです。

 

もし容体が急変した場合には救急車を呼ぶなど早急な対応が必要になりそうです。

 

まとめ

 

今回はヒアリが日本で生息している場所はどこ?毒の強さや対処方法と症状がヤバい!について調べてみました。

 

まさかアリにこんなにも危険な種類が存在するなんて調べてみて初めて知りました。

 

まだ日本での生息は確認されていないようですが何が起こるかわかりません。

 

ぜひ知識として頭の片隅に入れておいて何かあった時の為になればと思います。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*