異色肌ギャルとは?皮膚や肌影響と染料やどこで会えるのか気になる!

 

 

 

異色肌ギャルが今、巷で話題になっているようです。

 

なんと言ってもインパクトのある見た目ですから誰もが目を引きますよね!

 

今回は異色肌ギャルとは何なのか?そして皮膚や肌影響と染料についても調べてみたいと思います。

 

また、異色肌ギャルに会うにはどこに行けばいいのかなども調査してみました!

 

Sponsored Links

異色肌ギャルとは?

 

グラビアモデルのmiyako(赤根京)さんが主催した撮影会のようでそこで『異色肌ギャル』というカラフルな染料をまとったギャルの写真がSNSでアップされて話題を呼んだようです!

 

こちらがmiyako(赤根京)さんです。

 

 

なんだか未知との遭遇というかお人形さんのような感じで不思議ですね。

 

こんなにカラフルでもそれを全身でちぐはぐにならないように着こなせるセンスがすごいです。

 

時間なんか飛び越えてしまいそうな雰囲気ですよね!

 

ちなみにこういったスタイルはマーベルやDCコミックの世界から来ているそうです。

 

もちろんmiyakoさんも派手な髪型や原宿系のファッションなどが好きなようでそういったところもミックスされた新しいスタイルなのかもしれません。

 

もちろん普段はこんなにカラフルなお肌ではないわけですからいったい何でお肌を染めているのでしょうか?!

 

染めてる染料を調べてみた!

 

 

異色肌ギャルの方たちが使用している染料はドーランのようです。

 

ドーランは舞台メイクやフェイスペイントなどにも使われているようでカバー力に優れているクリーム状のファンデーションのようですね!

 

色はかなり豊富なようでたくさんの種類があるようです。

 

異色肌ギャルの方たちもドーランで全身をくまなく塗りあの不思議な世界感を作っているようですね!

 

そう考えるとドーランはあまり普段向きでないことはわかりましたが皮膚や肌への影響は大丈夫なのでしょうか?

 

Sponsored Links

皮膚や肌への影響が気になる!

 

 

ドーランはファンデーションよりもカバー力は優れているようですが毛穴をふさいでしまうようで皮膚呼吸の妨げになってしまうこともあるそうです。

 

短時間であればそこまで気にする必要はないようですが長時間となると毛穴にも入り込んでしまう為しっかりと落とす必要があるようですね!

 

もちろん舞台メイクなどにも使用されていますので落ちにくいところがよいところでもありそれが逆に肌に残ってしまえば負担となってしまう場合もあるようです。

 

もし使用する場合には落とすことも考えて準備する必要がありそうです!

 

どこで会えるのか調べてみた!

 

 

今回のmiyako(赤根京)さんが主催した異色肌ギャルの撮影会は歌舞伎町で行われたようです。

 

撮影会ということなのでどこかで活動しているような感じでは今の所ないようです。

 

これからもっと注目されれば何かのイベントやまた撮影会など行われるかもしれませんね!

 

そういった場があれば直接異色肌ギャルの方に会えるのではないでしょうか?!

まとめ

 

今回は異色肌ギャルとは?皮膚や肌影響と染料やどこで会えるのか気になる!ということで調べてみました。

 

異色肌ギャルに変身すれば普段の姿はまったくわからないと思うので機会があれば変身してみたい!という方もいるのかも知れませんね!

 

これから異色肌ギャルの方たちの今後の活動なども気になるところです。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です