おかざきマタニティクリニックで医療事故!原因や理由と病院や家族を調査!

 

おかざきマタニティクリニックで無痛分娩による医療事故が発生したというニュースが入ってきました。

 

最近、無痛分娩の事故は結構多いみたいですよね。

 

今回は無痛分娩の医療事故について調べてみました。

 

また原因や理由と家族も調査してみたいと思います。

 

 医療事故の詳細

 

神戸市西区の産婦人科で2015年9月におかざきマタニティクリニックで無痛分娩で出産した女性が低酸素脳症が原因の多臓器不全で今年の5月に35歳亡くなったということです。

 

また、出産した長男(1)にも水分調整の処置を常に受けなければならない状態が続いているようでいつどうなってもおかしくないようです。

 

ではいったい医療事故はどうして起こったのでしょうか?

 

 医療事故の起こった原因や理由を調査!

 

医療事故の原因は無痛分娩の際の麻酔が精髄近くに達して女性が呼吸できなくなったことが原因のようです。

 

おかざきマタニティクリニックでは責任を認めているということです。

 

最近では無痛分娩を選択される方も多くなりました。

 

こういった医療事故があると何を信じていいのかわからなくなってしまいます。

 

 医療事故のあった病院を調べてみた!

 

医療事故のあった病院はおかざきマタニティクリニックという病院のようです。

 

お城のような綺麗な建物が特徴のようで病院の評判もよいようですね。

 

院内ではさまざまなイベントが行われるなど人気のある病院なのではないでしょうか?

 

 家族について調査!

 

今回無痛分娩の医療事故を受けて、女性の家族は『体制が整っているところであればこんなことにはならなかったのか。分娩の痛みと引き換えに命がなくなるなんて』と語っているようです。

 

わが子の誕生を楽しみにしていたはずの出産がこんなことになるなんて思いもしなかったと思います。

 

もっと無痛分娩のあり方など課題はたくさんありそうです。

 

まとめ

 

今回はおかざきマタニティクリニックで医療事故!原因や理由と病院や家族を調査!ということで調べてみました。

 

これだけ医療の技術が上がってきても無痛分娩のリスクが減らないのは不思議な感じもします。

 

早急に無痛分娩についての対策が出来ればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です