加給年金とは何かわかりやすく説明!対象条件や金額と手続き方法を調査!

 

 

加給年金の制度が今注目を集めているようです。

 

年金なら知っているけど加給年金って何?!とわからないこともあると思います。

 

今回は加給年金とは何かわかりやすく説明!ということでまとめてみました。

 

また対象となる条件や金額と手続き方法も合わせて調査してみたいと思います!

 

Sponsored Links

 加給年金とは何かわかりやすくまとめてみた!

 

 

『加給年金とは厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある方が、65歳到達時点で、その方に生計を維持されている配偶者または子がいるときに加算されます』と規定されているようです。

 

年金がもらえるとなった時に条件を満たす方がいれば合わせてもらる年金があるかもしれないということのようです。

 

この年金機構の説明だけみると自分には配偶者や子供もいるのでもらえるのでは?と思う方も多いかもしれません。

 

ですが実際に調べてみると条件に該当する方はすくないのではないかな?と思います。

 

ということで具体的な条件や金額なども調べてみました!

 

Sponsored Links

 対象条件や金額も調べてみた!

 

 

加給年金を受給するには厚生年金の加入期間が原則20年(240か月)ないと条件から外れてしまうようです。

 

そして今では共働きの世帯も多く夫婦共に正社員として働いていて厚生年金の加入期間が240か月どちらもあるという場合はどうなのだろうと思い調べてみました。

 

するとこの場合は配偶者の厚生年金保険の被保険者期間が20年以上になってしまうので加給年金はもらえないそうです。

 

また、障害年金を受け取られている方も同様のようでした。

 

Sponsored Links

対象条件をまとめてみた!

 

 

  • 厚生年金の被保険者期間が20年以上あること(※一部特例もあるようです)
  • 65歳未満の配偶者または18歳までの子どもや障害等級が1級もしくは2級で20歳未満の子どもがいる場合
  • 配偶者の厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ないこと

金額はいくらなのか?

 

  • 65歳の配偶者に対して224,500円
  • 1人目・2人目の各子ども224,500円
  • 3人目以降の子ども1人につき74,800円

※条件が異なる場合もありますので詳しくは日本年金機構にご確認下さい

 

 手続き方法を調査!

 

条件が満たしている場合の手続き方法はどういった感じなのでしょうか?

 

必要書類を書いてお住まいの地域の年金事務所に提出する必要があるようですね。

 

この書類は『老齢基礎年金額加算開始事由該当届』というそうで他にも添付が必要な書類がいくつかあるようです。

 

  • 本人(受給権者)の戸籍抄本または戸籍謄本(記載事項証明)
  • 世帯全員の住民票の写し(続柄・筆頭者が記載されているもの・個人番号の記載がないもの)
  • 加給年金額の対象となる配偶者や子どもの所得証明書もしくは非課税証明書(加算開始日から見て直近のもの)

まとめ

 

今回は加給年金とは何かわかりやすく説明!対象条件や金額と手続き方法を調査!ということで調べてみました。

 

厚生年金の加入期間はねんきん定期便や日本年金機構へ問い合わせることで確認出来るようです。

 

今回調べた以外にも条件が満たす方もいらっしゃることもあると思います。

 

こちらも日本年金機構で確認することが出来るそうなので該当しそうな方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*