スーパーモンスターウルフ(千葉木更津)の販売や値段と画像は?開発者の太田裕治社長も調査!

 

 

スーパーモンスターウルフが今注目されているようです!

 

えっ?!それって何?という方も多いと思います。

 

実際調べてみて初めてスーパーモンスターウルフについて知りました。

 

今回はスーパーモンスターウルフについて詳しく調べてみました!

 

Sponsored Links

 スーパーモンスターウルフとは?

 

 

スーパーモンスターウルフとは?いたい何なのでしょうか?!

 

名前だけ聞くとなんだかカッコイイ感じもしますよね。

 

実はスーパーモンスターウルフは農作物などを荒らす被害を回避するべく開発された北海道生まれのオオカミ型のフィギュアなんです。

 

ちなみに千葉県木更津市では農作物の被害が急増しているそうでその被害を打開するべくJA木更津市は秘密兵器として期待を寄せているようですね。

 

そうなるとどんな見た目なのかも気になりますよね!

 

詳しい販売や値段とインパクトある画像についても調べてみました。

 

 販売や値段と画像について調べてみた!

 

 

スーパーモンスターウルフは残念ながら販売方法や価格など見つけることが出来ませんでした。

 

まだ試験段階でJAが設置するとのことなのでこれから試験運用をしてみて実際の効果や機能などの試行錯誤をもう少しするのかもしれませんね!

 

そうなると価格や販売方法もすべての試験が終了してからになるのかもしれません!

 

では気になる画像ですが。。。

 

心の準備は大丈夫ですか?!覚悟し見て下さいね!!

 

スーパーモンスターウルフはこちらです!

 

 

ぎゃー!!!とても怖いです。。。

 

これが急に出てきたら大人もびっくりですよね!

 

子供なんて泣いちゃうレベルですよ。。。

 

ちなみにスーパーモンスターウルフは体長65センチで体高50センチです。

 

目の部分はLEDが埋め込んであり火炎色に点滅します。

 

首も動くそうで内臓されたスピーカーからは最大90デシベルの音が鳴ります。

 

オオカミの鳴き声やバンッという音、猟犬の声や動物を不快にさせる人工音で威嚇できるそうですね。

 

これは効果が期待出来そうです!

 

ではどんな方が開発に携わったのでしょうか?!

 

詳しく調べてみました。

 

Sponsored Links

 開発者の太田裕治社長も調査!

 

 

スーパーモンスターウルフの開発をされたのは太田裕治社長のようです。

 

太田裕治社長は太田精器という会社をされていて機械部品の基本的な加工の手仕上げという研磨技術がすごい会社を経営されています。

 

なんでもこの技術は『ものづくり300社』に認定されているそうでレベルの高い技術でモノづくりを支えていらっしゃるようですね!

 

ちなみにスーパーモンスターウルフは北海道大学、東京農業大学と共同研究で約7年かけて開発されたそうです。

 

これは見た目も去ることながらいろいろと注目されそうですね!

 

まとめ

 

今回はスーパーモンスターウルフについて調べてみました!

 

農作物への被害額は問題となっているようなのでスーパーモンスターウルフで解決できることを祈りたいですね。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*