日本一危険な滑り台(愛媛今治)の場所はどこ?行き方や画像や再開した理由が気になる!

 

 

日本一危険な滑り台が今話題のようです!

 

滑り台なのに危険とはいったいどういうことなのでしょうか?!

 

調べてみると使用が中止されたこともあるそうで気になりますね。

 

今回は日本一危険な滑り台について詳しく探ってみました!

 

Sponsored Link

 日本一危険な滑り台とは?

 

 

日本一危険な滑り台とは『朝倉緑のふるさと公園』にある全長約70メートルで平均傾斜角度が約27度の急斜面に作られた滑り台のようです。

 

滑り方によっては猛スピードになり滑り台から勢いよく飛び出してしまうこともあるそうですね!

 

ではどこにある滑り台なのでしょうか?!

 

場所や行き方、画像も気になったので調べてみました。

 

 場所や行き方と画像も調べてみた!

 

 

こちらが日本一危険な滑り台とされる画像です。

 

確かに角度が急なことが画像からも見て取れますね!

 

日本一危険な滑り台のある公園は『朝倉緑のふるさと公園』というそうで場所は愛知県今治市にあるようですね。

 

場所はこちらです!

 

 

アクセスは車は今治ICから約15分ほどで到着もしくは、今治湯ノ浦ICから約10分で到着出来るようですね。

 

公共交通利用であれば今治駅前から市営バス(上朝倉行きバス)で約25分ほどで上朝倉で下車して徒歩で約15分ほどで行けるそうです。

 

見晴らしの良さそうなところで自然公園では花を見たりスポーツが出来るところもある多目的公園のようです。

 

では日本一危険な滑り台は現在使用は出来るのでしょうか?!

 

調べてみました!

 

Sponsored Link

 再開した理由も調査!

 

実は日本一危険な滑り台があるということで『朝倉緑のふるさと公園』ではあえて危険な滑り方をしてネットに動画を投稿する若者が増えてしまい昨年の9月には危険とみなして滑り台の使用を禁止したそうです。

 

10月には滑り台を利用する人と周辺にいる人がぶつからないように安全対策をして使用を再開したそうですね。

 

ですが今年の4月に2歳の男の子が親族と一緒に滑り台を滑っていたところバランスを崩して転落用防止の金属製の柵にぶつかり大きなケガをしてしまい救急搬送されるという事故が起こってしまったそうです。

 

そこでまた現在は使用が禁止されたとのことでした。

 

まとめ

 

今回は日本一危険な滑り台について調べてみました。

 

滑り台は安全基準を満たしているそうですね。

 

安全と楽しく利用出来るような対策が急がれそうです。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です