林家木久扇がん闘病日記公開笑点にもどりたい!プロフィールや経歴も!

落語家の林家木久扇が、日本テレビ系「news every.」で、2014年に喉頭がんを患ったときにつづった療養日記を公開したそうです。

 

木久憎扇さんは笑点でかなり明るい人のイメージです。

 

そんな木久憎扇さんの日記には「はやく笑点にはやくもどりたいとつづった」など切実な言葉もあったとか。。。

 

今さらですが木久憎扇さんのことを調べてみました!

 

Sponsored Links

木久憎扇のwikiプロフィールは?

 

  • 本名 豊田 洋(とよた ひろし)
  • 愛称 木久ちゃん
  • 出身 東京都中央区
  • 生年月日 1937年10月19日(79歳)
  • 職業 落語家
  • 家族 長女:豊田佐久子 (自身のマネージャー)
  • 長男 2代目林家木久蔵
  • 所属 落語協会

 

木久ちゃんと呼ばれてる有名ですね!

 

自身のマネージャーが長女さんだということは調べて初めてしました。

 

木久扇

 

経歴は?

 

経歴がものすごく長くなってしますので簡潔につまんで書いていきますね。

 

  • 1956年(昭和31年)3月、東京都立中野工業高等学校(食品化学工業課程)を卒業
  • 同年4月、「食べ物に苦労しない」という理由で森永乳業に入社
  • 同年8月、森永乳業を退社、漫画家を目指すため、漫画家清水崑に入門
  • 1958年 漫画が『漫画サンデー』に掲載され、プロの漫画家となる
  • 1960年 師匠清水崑に諭され、落語家への転進を薦められる
  • 1969年(昭和44年)11月9日、『笑点』のレギュラーに!

経歴の森永乳業に食べるものに苦労しないという理由で入社とあるが、やはり当時は食ということに関しては重要なポイントだったのですね。

 

今の日本では当たり前過ぎて何も気にせず生きていますが。。

 

しかし、様々な経験をなされていますね。

 

Sponsored Links

木久憎扇ガンとの闘い

 

2014年7月に報道機関にあてたファックスで初期の咽頭がんと診断されたと明らかにしたそうです。

 

診断のち放射線治療を受けることになった。

 

そして、2014年の9月27年収録文の笑点で復帰した。

 

そして咽頭がんを患った時につづった療養日記を公開したみたいです!

 

日本テレビ系”news every”で「神様、それはちょっとないんじゃないのって、ちょっと思った」など当時の心境がつづられてるみたいですね。

 

 

また、「いつも出る声が出ない」「早く治れ!声よ、戻れ!」などつらい時の気持ちなども書かれていた。

 

そんな時に心の支えになったのが「早くあそこに戻りたい(笑点)」と書かれていた。

 

木久扇さんにとっては笑点とは命と同じくらい大切なものだったのではと思いました。

 

木久扇

まとめ

 

 

笑点のメンバーではとにかく明るくダジャレをいう落語家をいうイメージがとても強いんですよね。

 

よくネタにする木久扇ラーメンとかも有名ですし、「これは絵ですか?」「えぇ」などダジャレも有名です。

 

これからも体に気を付けて日本を笑いで引っ張って行ってくれたらと思います!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です