関口成春容疑(鶴見北寺尾)が路面バス事故!

29日午後4時ごろ、横浜市鶴見区北寺尾4の市道丁字路で、道路を歩いて横切ろうとした近くの無職、野口文男さん(84)が右側から来た川崎鶴見臨港バスの路線バスにはねられるという事故が発生したとのことです。

事故について調べてみました。

事件の詳細

29日午後4時ごろ、横浜市鶴見区北寺尾4の市道丁字路で、道路を歩いて横切ろうとした近く野口文男さん(84)が右側から来た川崎鶴見臨港バスの路線バスにはねられ、搬送先の病院で亡くなったことが確認された。

神奈川県警鶴見署は、同区北寺尾5、バス運転手、関口成春容疑者(54)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕したとのことです。

署によると「飛び出した歩行者とぶつかった」と容疑を認めている。

野口さんは近くの畑に行く途中だった。

現場は片側1車線の緩いカーブで、横断歩道はなかった。

関口容疑者は「乗客がいたので急ブレーキを踏めなかった」などと説明しているということです。

ネット上の反応は?

・これバスの運転手悪くなくね?横断歩道じゃない場所渡ろうとしたみたいな書き方してるけど?

 

 

1 個のコメント

  • ヘタに急ブレーキを踏んで乗客を傷つけるわけにもいかないだろうから仕方がないと思う。
    運転手さんは悪くない‼︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です