台風18号2017千葉県に上陸する時間はいつ頃?進路や通過時間と雨量は?

台風18号が千葉県にも上陸する恐れがあるそうで気になりますね。

今回の台風18号は勢力が強く3連休中ということで今後の台風情報に注意が必要そうです。

ということで千葉県に上陸する時間はいつ頃になりそうなのか調べてみました。

また、台風18号の進路や通過時間と雨量なども合わせて見ていきたいと思います。

Sponsored Links

 台風18号2017千葉県に上陸について調べてみた!

台風18号は3連休中に日本列島を縦断する恐れがあり各地で暴風、大雨、高波、高潮に警戒が必要です。

また、雨も激しいと予想されていますので1時間で100ミリを超えるような雨も予想されています。

低い土地の浸水や河川の増水などにも注意が必要です。

本州に近づくにつれて偏西風が吹いている影響もあり、台風の速度が一気に加速すると言われています。

まだ大丈夫と思っていても急な大雨や強い風も油断は出来ない状況となりそうです。

特に沿岸では高潮や高波も警戒が必要なので外出は控えた方がよさそうです。

では台風のピークの時間帯などもいつ頃なのか調べてみました。

 時間はいつ頃なのか調査してみた!

台風18号による千葉県への影響は16日の夜遅くから風が強くなっていき、17日には海上ではうねりをともなった激しいしけ状態が予想されています。

なので千葉県の台風のピークは17日午前中からということになりそうです。

そして17日に予想される最大瞬間風速は以下の通りです。

北東部、夷隅・安房
  海上  18メートル(30メートル) 
  陸上  15メートル(30メートル) 
 北西部、君津
  海上  15メートル(25メートル) 
  陸上  12メートル(25メートル)   
 の見込みです。

 17日の予想される波の高さは、うねりを伴って
  北東部、夷隅・安房    4メートル
  君津         2.5メートル
  北西部        1.5メートル の見込みです。

引用:http://www.jma.go.jp/jp/yoho/

高波や強風には警戒が必要です。

Sponsored Links

 進路や通過時間が気になる!

現在の進路は台風18号は非常に強い勢力を保ったまま、ゆっくりとした速さで北北東へと進んでいます。

中心の気圧は950ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は45メートルとなっています。

また、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっています。

最大風速は45メートルとはかなりの強さの風のようで外でまともに歩くことはままならないほどの風のようです。

 雨量も調べてみた!

台風18号による千葉県の雨の予想は16日の昼頃から雨が降り始めて17日の朝には激しい雨が降る予想です。

17日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで60ミリとなっています。

そして18日の6時までに予想される24時間の雨量は多いところで100ミリ~200ミリの見込みです。

雨による土砂災害も警戒が必要そうです。

まとめ

今回の台風18号は1991年の9月にあった『台風19号』に予想進路が似ていると言われています。

1991年の9月にあった『台風19号』は通称『りんご台風』と言われているそうです。

『りんご台風』とは青森県などの地域で栽培されていたりんごの木が根こそぎ倒れてしまうような被害が相次いだ為と言われています。

そして瀬戸内海や九州沿岸でも最大で2メートル前後の高潮があり、浸水被害や決壊などの水害を引き起こしたそうです。

今回の台風18号でも千葉県では海が大荒れとなりそうですので今後の最新情報などにも注意が必要そうです。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*