Sponsored Links




青山学院大学の原監督の子供や嫁は?名言や経歴も

青山学院大学陸上部の監督として有名な原晋さん。

青山学院大学を優勝に導いたとして今では注目を集めています。

気になる原晋さんの経歴や名言について調べてみました。

また、子供や家族について探ってみたいと思います。

Sponsored Links

 青山学院大学陸上部の原監督プロフィール

 

  • 名前 原 晋 (はら すすむ)
  • 生年月日 1967年3月8日(51歳)
  • 出身地 広島県三原市糸崎町松浜東

幼い頃は近所の海で遊びソフトボールでは4番でピッチャーをしていたそうでとても活発な子供でした。

小学4年生の時に漁港で遊んでいる時に不慮の事故で足複雑骨折となり長期入院をされました。

この骨折をきっかけにリハビリになればとジョギングを始められたそうです。

中学生になると陸上部に所属して長距離走の選手として活躍されていました。

中学校で開催された校内マラソンでは1位になるなどこの頃からマラソンの才能はすごかったようです。

 経歴が気になる

高校は広島県立世羅高等校に進学されました。

高校では陸上部の主将となり1984年に奥な割れた全国高校駅伝2位に貢献されました。

その後は世羅高校のOBが監督を務めてた中京大学に進学されました。

大学3年時には日本インカレ5000メートル3位の成績も残されています。

大学卒業後は中国電力に入社して陸上競技部の創設に参加されました。

1993年には陸上部の主将として全日本実業団駅伝初出場に貢献するなど活躍されました。

しかし故障により27歳で陸上選手を引退を余儀なくされたと言います。

その後10年間は中国電力でサラリーマンをされていました。

同期で入社した選手が本社で活躍する中、原晋さんは支店の営業所で勤務されていました。

なんと蓄熱式空調システム「エコアイス」を社内で一番売り上げて評価を上げたという実績を上げられて新規事業を立ち上げたそうで『伝説の営業マン』とご自身でおっしゃっているそうです。

原晋さんは箱根駅伝の出走経験や出場校OBではありませんでしたが36歳のとき母校の世羅高校の関係者から紹介を受けて2004年に青山学院大学陸上競技部監督に就任されました。

Sponsored Links

 子供や嫁を調べてみた

原晋さんはご結婚されていて奥様がいらっしゃいます。

美穂さんというそうです。

奥様の美穂さんは現在青山学院大学陸上部の『町田寮』の寮母として活躍されています。

原晋さんの子供について調べてみましたが情報はありませんでした。

おそらくお子さんはいらっしゃらないと思います。

 名言まとめ

『試合にには準備の結果がすべて。仕事も同じで、パフォーマンスを最大限に発揮するには始業に向けて体と頭をベストな状態に持っていく準備運動は必須。』

『大きな目標を設定し、スケジュールの要所に小さなゴールを設けながらクリアできるか自分でチェックしていく。その繰り返しで自信がつき、自分で考えて行動できるようになる。』

まとめ

原晋さんは青山学院大学陸上部の監督として選手を引っ張っていく素敵な監督なんだと思いました。

名言はどれも心に響くものが多く印象的です。

これからも青山学院大学陸上部の監督としてご活躍に期待したいと思います。


Sponsored Links





Sponsored Links









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です