Sponsored Links




野口健の妻や講演会が凄い?ハーフや母と父についても

アルピニストの野口健さんはエベレスト登頂など様々な偉業を成し遂げてきました。

最近ではそんなアルピニストの経験や活動を講演会でお話されているそうで講演会が凄いと注目されています。

そんな野口健さんの妻とは一体どんな方なのでしょうか?

母や父とハーフについても調べてみたいと思います。

Sponsored Links

 野口健さんのプロフィール

  • 名前 野口 健 (のぐち けん)
  • 生年月日 1973年8月21日 (45歳)
  • 血液型 A型
  • 出生地 アメリカ・ボストン 

アメリカ・ボストンで生まれた野口健さんは、父の仕事の都合でニューヨークやサウジアラビアで幼少期を過ごしていました。

中学、高校は立教英国学院に入学されました。

しかし、中学から高校へは成績不振で仮進級となりそれを先輩にからかわれたことで先輩と喧嘩してしまいました。

そして高校から停学処分を言い渡された野口健さんは日本に強制的に帰国となり自宅謹慎となってしまいました。

しかし、父はそれでは良くないと思い自宅謹慎中にも関わらず『旅に出てゆっくり自分の行く末を考えろ』と言いました。

そんな時にで会ったのが植村直己さんの本『青春を山に賭けて』でした。

そこから野口健さんは登山を始めるきっかけとなりました。

 妻について調べてみた

アルピニストをされているということで常に危険と隣合わせの野口健さん。

そんな夫を心配する妻は野口健さんにたくさんの生命保険をかけているそうです。

野口健さんが妻にいくつ生命保険に加入しているか訪ねても教えてくれないそうです。

妻は野口健さんが『もう山をためようかな』と弱音を吐いても『山を登っているあなたが好き』と言っているそうでアルピニストが辞められないなんてエピソードも。

Sponsored Links

 講演会が凄いって本当?

野口健さんはこれまでのアルピニストとしての経験やご自身の行っている活動なとについて講演会を各地で行っています。

高校などの学校でも講演会の依頼は絶えないようで野口健さんの講演会は人気のようです。

アルピニストとして登山を成功させるには目標設定の大切さなども語ってくれるそうです。

他にも学生時代にいじめを受けた過去や現在行っている活動などのお話もしてくれるそうです。

講演会を聴いた方は野口健さんの話に引き込まれて笑いもあったりととてもよかったという印象が多いようです。

 ハーフについてや母と父が気になる

野口健さんは母がエジプト人で父が日本人のハーフです。

母は4カ国のクウォーターのようです。

若い頃は色白で美人な方で航空会社に勤務されていたそうですよ。

父は福島県・会津若松の出身で元外交官をされていました。

エジプト公使、イタリア公使、イエメン大使、シドニー総領事、チュニジア大使などを務めたそうです。

現在は京都文教大学で教授をされています。

まとめ

野口健さんの生き方や考え方は説得力があり、とても心に響くものがたくさんありました。

講演会が凄いと言われているのもなんだか納得です。

今後もどのような活動をされるのか注目です。


Sponsored Links





Sponsored Links






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です