Sponsored Links




挨拶の効果で職場で得して好かれるコツは?大切なのは6つのポイント!

気持ちの良い挨拶をしてくる人が周りから好かれます。

しっかり挨拶ができている人は評価を得られるため、ビジネスにおいても信頼はされやすいです。

仕事ができる人や魅力的な人は、自分から積極的に挨拶をしてくるのではありませんか?

確かにそうだなぁと納得してくれる人もいると思います。

ちょっとしたコツを抑えるだけであなたの評価は周りから高くなります。

今回は挨拶の6つのポイントをご紹介したいと思います。

Sponsored Links

挨拶は自分から先にする!

ポイント
  • 先にするのが「あいさつ」
  • 返すのは「返事」

挨拶とは先にするのが挨拶であり、挨拶をされて返しているだけではただの返事なんです。

ちょっとした違いなんですが、この違いに気付ける人は普段からアンテナの高い人でしょう。

挨拶を返すという行動はとても楽なのですが、自分から挨拶をするという場合は躊躇するケースもあります。

例えば、声をかけてはまずいかな?とか挨拶をして無視されたりしないかな?など躊躇することもあるからです。

挨拶は部下や後輩からされるものではありません。

自分から積極的に、気持ちの良い挨拶をしてみませんか?

あなたの声はちゃんと相手に届いていますか?

よくありがちなのが、小声でボソッと言った「おはようございます」です。

相手に届きにくいし、気づかれないことも多いです。

挨拶をするときは、

  1. 肩の力を抜く
  2. 声を前に出す
  3. 声の方向に気をつける

この3つの基本を押さえて声を出すといいです。

相手にボールを投げるように、放射線を描きながら声を飛ばすイメージで。

それだけで、相手からの反応が大きく変わます。

Sponsored Links

気持ちを込めることで挨拶は変わる!

ポイント
挨拶は気持ちを込める!

挨拶で大事なのは気持ちを込める事が大切なことです。

どんな気持ちで言うかで表情や声のトーンが変わってくるからです。

例えば、同じ「おはようございます」と言う挨拶でも、「今日も頑張りましょうね」という気持ちで言うのと、単なるルーチンとして言っているのでは相手の受け取る印象はだいぶ変わります。

気を付けなければいけない事は、なんとなく挨拶をしてしまう習慣を注意することです。

もし返事がなかったら、、なんて怖がらないこと!

ポイント
相手の返事なんか気にしない

挨拶をしても返事がないと、悲しくなったり嫌な気分になったりしますよね。

こうした理由で挨拶が苦手と思う人は少なくないです。

しかし、そう思っている人は挨拶に見返りを求めるのをやめましょう。

挨拶して返事がなくても気にしないことです。

自分が大事だと思うこと、良いことをすれば良いだけです。

そう考えれば、相手の反応を気にせずに、気持ち挨拶ができるようになると思います。

実は間違い!挨拶は常に大きな声で元気良くするということ

ポイント
常に大きい声で挨拶は間違い

どんな時でも挨拶は「大きい声で元気良くすればいい」と考える人もいるでしょう。

しかし例えば、身内に不幸があった人に元気よく挨拶したら、相手はどう思うでしょうか?。

挨拶で大事なのは相手の様子に合わせて表情や頭を変えることです。

先ほどの例では、自分も悲しい顔をして、「こんにちは。心中お察しいたします。」と挨拶をする。

常に相手を気遣う気持ちでいれば、挨拶の波長も合います。。

知り合いや仕事の関係者以外の人でも挨拶をする!

ポイント
挨拶は知り合い以外にもする

挨拶が習慣になっている人は、相手が知り合いじゃなくても自然な挨拶ができます。

例えば複数の会社が入ったオフィスビルで勤務しているとしましょう。

そんな時に、エレベーターで一緒になった他社の人にも笑顔で挨拶をする。

オフィスにいる警備員や清掃員の方たちに対して挨拶を欠かさない。

周囲の人達はそんな姿に好感を持ちます。

挨拶は場を和ませたり、人を癒す効果もあります。

知り合いでなくても積極的に挨拶をしてみましょう。


Sponsored Links





Sponsored Links






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です