Sponsored Links




着圧ソックス(夜用)で寝るときのおすすめは?むくみや疲れに効果的な使い方も

仕事で疲れきった脚を帰宅後になんとかしたい時ってありますよね。

翌日にむくみや疲れを持ち越したくもないけれど毎日自分でマッサージするのも大変なものです。

そんな時は夜寝るときに履くだけで簡単にむくみや疲れた脚を解消出来る着圧ソックスで解消するのがおすすめです。

今回は夜用におすすめの着圧ソックスの紹介や効果的な使い方をご紹介します。

Sponsored Links

寝る時におすすめの着圧ソックスはこれ!

毎日習慣 ふくらはぎ用

名前の通り『毎日履くという習慣だけ』で翌朝むくみが解消してすっきりとしたふくらはぎになると評判の着圧ソックスです。

毎日習慣 ふくらはぎ用の凄い所は

  • 医学博士の方が監修した着圧ソックス
  • Made in Japan
  • 一晩中ふくらはぎを揉みほぐしてくれるようなマッサージ効果
  • 血行促進をして冷え性対策

毎日習慣 ふくらはぎ用は男女兼用です。

色はブラック、ラベンダー、ピンクの3色展開となっています。

お風呂上がりのリラックスタイムや寝るときにも使用出来ます。

使用された方の口コミではむくみがちな妊娠中に役に立ったという声も多いようです。

とにかく、むくみや疲れた脚を一晩でなんとかしたいという方にも手軽に始められるのでおすすめです。

おやすみ着用ソックス

むくみや疲れた脚をすっきりさせたい方はもちろんのこと、どうせなら美脚にもなりたいという方におすすめなのが『おやすみ着用ソックス』です。

こちらの着圧ソックスは女性用で色はピンク、ブルー、クリームの3色展開となっています。

特徴としては寝とき=美脚タイムというコンセプトで作成された商品で睡眠の質を下げない『ゆる圧』が特徴です。

圧が強すぎる着圧ソックスは寝ている間に交感神経を刺激してしまいそれがストレスになってしまうこともあるようです。

よく脚を持ち上げて眠るといいと言われていますが寝返りもしますしずっと同じ姿勢をキープするのも難しいですよね。

リラックスしつつ寝ている間に履いているだけで美脚も手に入れたい方は必見です。

着圧ソックスの日中用と就寝用の違いについて

日中用の着圧ソックスの特徴は安いものだと、1度洗濯をすることで伸びたりすることもあるようです。

ストッキングタイプは普通のストッキングのように伝線することもありますので、洗濯する時には注意が必要です。

また高いものは耐久性に優れているため、履き心地が大変いいものとなってます。

 

寝ている間に履いても、気になって眠れなかったり、寝苦しく感じたり、仕事中のほうがむくみがつらい方におすすめです。

女性はハイヒールを履く事が多いので、ふくらはぎや足が楽になる着圧ストッキングもあります。

美脚を目指してスタイルを維持したい方や、姿勢を改善したい方にも、この着圧ストッキングはおすすめとなってます。

 

就寝用の着圧ソックス特徴としては、一日中仕事や家事に追われていて、体を休める時間がなかなかない人には最適なソックスとなってます。

寝ている間に、履くだけで着圧による脚のケアが出来るようになってます。

寝ている時に足がだるくて眠れないという人には最適です。

日中の足の疲れを夜寝ているうちに解消させることが出来ます。

夜もしっかりと足のむくみを解消したい方、仕事がら日中は着圧ソックスを履く事が出来ないため、寝ている間にむくみを解消したい方特に女性の方におすすめです。

Sponsored Links

着圧ソックスを履くことでむくみや疲れどうしてよくなるのか?

着圧ソックスがむくみなどに効くのは、足やふくらはぎに適度な圧力をかけることによって、足全体の血行を促進してくれることから、むくみなどの方に効きやすいのです。

一日中履いているのではなく、一定の時間履いているだけで効果があります。

着圧ソックスはいろいろな種類がありますので、その方に合ったサイズを選択することが大切なのです。

着圧ソックスは男性用と女性用があり、それぞれ着圧の圧力が違うので、性別に合ったものを購入することで、効率的に疲れを取り除くことが出来ます。

特にふくらはぎは心臓に血液を送り込むポンプの役割があるので、とても重要な部分となってます。

着圧ソックスを履いていると、歩いたりしなくても血液の循環をよくしてくれます。

着圧タイツを普段の生活の中で身につけておくことによって、血行を促進させる目的の他、むくみや足のだるさのを取る対策も出来るようになってます。

普段から忙しくてなかなかマッサージや筋トレを行うことが出来ない方には、最適な着圧ソックスとなってます。

着圧ソックスの効果的な履き方

着圧ソックスを効果的に履くには、長時間履くという考え方は捨てて、一定の時間履くことがおすすめです。

一定の時間履くことによって、足の血流を良くすることが出来ます。

長時間履いてしまうと、逆効果となるので注意することです。

そして長時間履いたことで、かぶれたり皮膚にトラブルが起きることもので、寝る時や日中の仕事中などに履きっぱなしということは辞めるべきです。

中には、圧力が強いソックスもありますので、着圧力強すぎないものを履くことで、効果的にむくみを解消させることが出来ます。

ということから着圧ソックスを効果的に履くには、入浴した後に足のマッサージをする容量で、着圧ソックスを履くことが一番効率がいいということです。

入浴したからと言って履いたまま寝ないように気を付けることです。

入浴すると全体の血行がよくなりますので、入浴後に履いてケアをすることが大切です。

この要領を覚えておくと、足のむくみも徐々に軽減してくるかと思います。

Sponsored Links

着圧ソックス以外でむくみや疲れを取る方法

着圧ソックスを履く以外には、アキレス腱伸ばしを行うことです。

この運動は学生の体育の授業の時に準備運動として行った経験がある方も多いのではと思います。

アキレス腱を伸ばすことによって、ふくらはぎも一緒に伸ばすことが出来ます。

アキレス腱伸ばしをする時には、背筋を伸ばすことでさらに効率的に伸ばすことが出来ます。

また、逆立ちや背中逆立ちをすることでも足のむくみを取ることも出来ます。

家の中で逆立ちをするのは、スペース的に無理の方もいると思いますので、そういった方は、背中逆立ちをするだけでも十分に効果があります。

背中逆立ちをする時には、食事前や入浴後に行うのがベストです。

食べた後に行うと逆立ちをすることになるので、食べたものが逆流してしまいます。

足のむくみがあるということは、足に血液が溜まっているという証拠なので、背中逆立ちをして、血液を心臓に持ってくることが出来るのです。

また、椅子に座ったまま足首のストレッチをすることでもむくみを解消することが出来ます。

足首を前後に動かしたり、足首を回したりするだけでも血流を良くすることが出来ます。

 

この他にも足のむくみ解消に効果あったという動画がありましたので合わせて紹介したいと思います。

着圧ソックスの寿命は?

着圧ソックスの寿命は、洗濯の方法によって左右されます。

着圧ソックスを洗う時には、必ずネットに入れて洗うのが基本となってます。

着圧ソックスというのは、普段履いているソックスと違って、構造的には繊細になってます。

ネットに入れずに普通に洗濯機で洗ってしまうと、着圧ソックスの繊維を痛めてしまう可能性が高いです。

そうすることによって、本来持っている着圧ソックスの着圧力が低下してしまうこともあります。

そうなると、伸縮性がなくなることから着圧ソックスの機能がなくなって普通のソックスになってしまうので気を付けることです。

着圧力を維持するには、手洗いも効果的となってます。

優しく手洗いをしてあげることで、長い期間着圧ソックスとして活用することが出来ます。

着圧ソックスには、必ず洗い方が表示されていますので、適切な洗い方で洗うことが重要です。

着圧ソックスを一度も洗わなければ寿命も長くなると思う方もいらっしゃいますが、靴下と同じようなものなので、汗や雑菌が付いていることから、履いたら洗うを繰り返すことが大事です。

Sponsored Links

まとめ

着圧ソックスを寝る時に使用する時は、

睡眠の妨げにならないように締め付け過ぎない適度な圧のものがおすすめです。

また、むくみや疲れを取る以外にも美脚効果が期待出来るものなど様々な種類があります。

そして脚の疲れやむくみにはストレッチも効果的です。

ぜひ、ご自身にあった着圧ソックスや脚のむくみや疲れを解消出来る参考になればと思います。


Sponsored Links





Sponsored Links









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です