レノア伊藤ちゃんは転勤や異動になった?年齢や新しい担当は誰?

春になり新しくなったレノアのCMですが、これまでのレノアのCMでマツコさんと共演していた『伊藤ちゃんがいない!』という変化が起きていました。

転勤や異動らしい…という感じのようですが、突然の変化に驚いた方も多いと思います。

なんとなく見ていたレノアのCMの伊藤ちゃんですが、いなくなるとなんだか寂しいですよね。

今回はレノアの伊藤ちゃんが転勤や異動した理由や年齢、どんな人物なのかご紹介します。

レノア伊藤ちゃんは転勤や異動になったの?

レノアのCMの伊藤ちゃんはこの春どうやら、転勤もしくは人事異動などなんらかの変化があったようです。

しかし、公式に転勤や異動になった理由は発表されていないようで、真相はわかっていません。

ちなみに、伊藤ちゃんはP&Gの会社員です。

マツコさんも『外資系は大変なのよ!』とおっしゃっていたことを考えると、この春伊藤ちゃんはどこかに異動になったと考えられます。

会社員という立場上、たとえCMに出演していても一般人ということもあり今後も公の場で伊藤ちゃんがいなくなった理由について発表されることは難しいのかもしれません。

伊藤ちゃんはレノアのCMに欠かせない存在で『本当にいい味出しているのよ』とマツコさんも大絶賛されています。

また、何かの機会に伊藤ちゃんが登場するシーンがあればいいですね。

レノア伊藤ちゃんの年齢やプロフィール

  • 名前 伊藤 謙介 (いとう けいすけ)
  • 生年月日 1976生まれ (43歳)
  • 学歴 京都大学 工学研究科修了

レノアのCMに出演していた伊藤ちゃんはP&Gで研究開発を担当されています。

伊藤ちゃんはれっきとしたP&Gの社員でタレントさんや俳優さんではなく、本物の研究員だったんですね。

これまでのCMはこちら。

 

 

 

こうやって過去の伊藤ちゃんの出演CMを見てみると、やっぱり伊藤ちゃんいい味出してます!

普段の伊藤ちゃんは神戸イノベーションセンターで日本やアジアに向けた柔軟剤の開発を担当されています。

外資系の企業ですので、アメリカのテクニカルセンターで1年半ほどアメリカ向けの製品開発チームで勤務した経験もあるすごい方なんです。

そして、気になる伊藤ちゃんの年齢ですがP&Gの公式サイトには1999年に入社したと書かれています。

生年月日がわからないのであくまで推測ですが、高校卒業後ストレートで大学に入学して4年間で卒業したと考えると、現在43歳ということになります。

CMではもう少しお若い印象もあるので43歳とは意外な感じです。

CM出演の際は『マツコさんが気にかけて、気遣って下さった』と伊藤ちゃんは言っています。

マツコさんは『会社員なのに伊藤ちゃんは、ピンクの衣装が用意されて急にCMに出演することになったのよ』とこれまた、CM出演も突然のことだったようです。

レノアのCMの新しい担当は山田さん

新しいレノアのCMはレノア営業本部長の山田智也さんが新たに登場しています。

ではどんな内容なのか見ていきましょう。

伊藤ちゃんとのツーショット写真を手に持って『伊藤ちゃん…』と寂しそうなマツコさん。

そこへ、レノアの箱とのぼりを持って元気よく登場したのは、新しい担当のレノア営業本部長の山田智也さん。

山田さんは名刺を持って、マツコさんの所へ挨拶をしにやってきました。

山田さん:『はじめまして、マツコさん。レノア担当営業の山田です。』と名刺をぐいっとマツコさんに渡します。

マツコさん:『今度は、営業さん?』とちょっと不信感をいだきつつ、レノア担当営業の山田さんの方を向くマツコさん。

マツコさん:『あたし、伊藤ちゃんとだからやってこれたの!』と山田さんではダメなのと拒否するマツコさん。

山田さん:『その伊藤の最後の傑作がこのレノア』なんです。

マツコさん:『えっ?』

山田さん:『消臭だけではなく、汗ジミも防げるようになったんです!』

マツコさん:『汗ジミ?柔軟剤で?!』

山田さん:『はい!汗を素速く乾かす速乾&消臭でこんなに爽やか!』

ナレーション:『汗ジミを速乾&消臭!』

山田さん:『すっきり!』

マツコさん:『悪い人じゃなさそうね…』

という内容が新しいレノアのCMです。

伊藤ちゃんの最後の傑作のレノアは柔軟剤ながら、汗ジミを速乾させてしまうスグレモノ。

やっぱり伊藤ちゃんはすごい研究員ですね!

まとめ

汗ジミに対応したすごいレノアを最後に開発して、旅立っていった伊藤ちゃん。

CMから居なくなり寂しいですが、きっとこれからも素敵な商品を開発して世間を驚かせてくれそうですね。

新しいレノア営業本部長の山田智也さんとマツコさんが今後どんな展開のCMが流れるのかも楽しみです。

最初のコメントをしよう

必須