坂口杏里の母の遺産や父親は?現在の仕事や今後についても

何かと注目を集めている坂口杏里さん。

母親の坂口良子さんが亡くなってから様子がおかしいと言われています。

最近ではYou Tubeのチャンネルを開設して、母への思いや遺産の話などを語っていました。

今回は坂口杏里さんの母や遺産、仕事などについて調べました。

スポンサーリンク

母の遺産は微々たるもの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

坂口杏里さん(@anridayo33)がシェアした投稿

坂口杏里さんの母親は女優の坂口良子さんということは言うまでもないですよね。

これまでの活躍ぶりからきっと遺産はけっこうあったのでは?と考えてしまいます。

坂口杏里さんは母の遺産について「微々たるもの」「世間では何億や何千万円といわれているが全然そんなのもない」とコメントされています。

坂口杏里さんからすると世間で思われているような裕福な生活ではなく、ごく一般的な家庭で育ったと言いたかったのかもしれません。

母が亡くなったことで、たくさんの遺産を手にしたと思われたくないということだったのかもしれません。

ですが、母である坂口良子さんはこれまで芸能人として頑張って仕事をされてきたことでしょう。

遺産が「微々たるもの」という表現はちょっと悲しい感じがします。

スポンサーリンク

父親とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

坂口杏里さん(@anridayo33)がシェアした投稿

坂口杏里さんの実の父親は元不動産会社社長の田山恒彦さんです。

しかし、ご両親はその後離婚されています。

継父はプロゴルファーの尾崎健夫さんで坂口良子さんが再婚された当初は、尾崎健夫さんと坂口良子さん、坂口杏里さんの3人で焼肉を食べに行くような関係だったそうです。

ですが、尾崎健夫さんとの会話はほとんどなく仲が良いというような関係は築けていなかったといいます。

再婚した時期も学生ということもあり、母親がとられてしまうのでは?という複雑な気持ちもあったそうです。

スポンサーリンク

現在の仕事

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

坂口杏里さん(@anridayo33)がシェアした投稿

坂口杏里さんは芸能界を離れてから夜の仕事やANRI名義でのビデオ出演など様々なことをされています。

最近では、杏里爆発というバンドを結成して坂口杏里さんはヴォーカルを担当されました。

バンドメンバーを募った際には坂口杏里さん以外すべて男性メンバーで全員イケメンだったことから顔採用なのでは?と言われていました。

「ザ・ノンフィクション」では今後について、夜の仕事はやめたいけれどまだやめられるような状況ではないとおっしゃっていました。

スポンサーリンク

今後はYouTuberに?

最近まで「坂口杏里チャンネル」を開設して母親との思い出や遺産、父親についてなど語っていました。

しかし、坂口杏里チャンネルはわずかな期間で閉鎖されてしまいました。

坂口杏里チャンネルを閉鎖した理由は、「謝罪動画などネガティブになるような動画をアップしてしまったので、気持ち的に切り替えよう」ということで閉鎖になったそうです。

新しく立ち上げた「ANRIちゃんねる」では坂口杏里さんがYouTuberになると宣言されています。

YouTuberになった経緯について、「信用も財産も家も仕事も全て無くしてもうダメかと思っていた時に頑張ろうと言ってくれる温かい人達に支えられた」。

「母から甘やかして育てられたとか、父に見放されたのでは?と親のせいにされていることを知って悲しく思ったから」とのことです。

そこで、「毎日自分と向き合いながらYouTubeで配信することで自分で自立して生きていく姿をみんなに見てもらいたいのでYouTuberになった」と言います。

これからは「天国にいる母に心配をかけないように生きていくことや周りに迷惑をかけないように頑張っていきたい」と意気込みを語っています。

スポンサーリンク

まとめ

坂口杏里さんは芸能界を離れてから、なんとか母親を亡くした悲しみを乗り越えて頑張りたいと思い様々なことにチャレンジしているのかもしれません。

しかし、まだ母親を亡くした悲しみが癒えておらず気持ち的にもとても不安定なところがたくさん見受けられます。

今回YouTuberになると宣言されたのも坂口杏里さんの周りにいる温かい方の支援があって始めたとおっしゃっていました。

ぜひYouTubeを成功させて支えてくれた方に恩返しできるように頑張っていただきたいと思います。

最初のコメントをしよう

必須