おかえりモネの撮影場所やロケ地はどこ?いつまで放送で全放送数回数予想!

2021年度前期放送のNHK連続テレビ小説第104 作に「おかえりモネ」が放送されることが決まりました。

ヒロインは清原果耶さん演じる、永浦百音(ながうらももね)役です。

「おかえりモネ」は物語はもちろんのこと、海や森などの撮影場所やロケ地も気になりますよね。

今回は、「おかえりモネ」の撮影場所やロケ地、いつまで放送する予定なのか全話の放送回数を予想したいと思います。

目次

おかえりモネの撮影場所

おかえりモネの撮影場所は大きく分けて2か所あります。

1つ目が「海の町」宮城県・気仙沼市

モネが生まれ育った場所で、家族や同級生が住む町として登場します。

2つ目が「森の町」宮城県・登米市

高校卒業後、モネが林業組合で働くためにやってきた町として登場します。

おかえりモネ「海の町」宮城県気仙沼市のロケ地

「海の町」宮城県気仙沼市のロケ地①気仙沼エースポート発着所

船のシーンで登場する場所が、気仙沼エースポート発着所になります。

モネが生まれ育ったのは「亀島」という架空の島で、ロケ地は気仙沼市の「大島」です。

船のシーンはモネが「海の町」亀島と、「森の町」登米市を往来するときに登場します。

2018年までは「おかえりモネ」で登場する定期船が実際に運航していました。

現在は、定期船は廃止となり遊覧船として運行しています。

気仙沼エースポート発着所には、モネが乗った定期船が停泊しているようです。

遊覧船は土日を中心に運行しているようなので、実際に船に乗ってロケ地の大島を見に行くことができます。

「海の町」宮城県気仙沼市のロケ地②田中浜

モネが一人で海岸を歩いているシーンに登場するのが、田中浜です。

他にもモネの家族や同級生と訪れるシーンも田中浜が撮影場所と予想されます。

動画には映っていませんが、田中浜には海岸と反対側にさびた船やコンクリートの階段があります。

モネが家族で海岸を訪れたシーンでは、さびた船と階段が映っているので撮影場所の1つではないかと考えられます。

「海の町」宮城県気仙沼市のロケ地③小田の浜

モネや同級生が海岸を歩いているシーンとして登場しているのが小田の浜と予想されます。

海のシーンは砂浜がメインで登場しているので、小田の浜もロケ地として使われるのではと思います。

田中浜と小田の浜はあまり距離は離れていない位置にあるので、ドラマのシーンによって使い分けている可能性もあります。

透き通った海ときれいな砂浜は、海水浴場として人気がある場所です。

「海の町」宮城県気仙沼市のロケ地④亀山レストハウス

おかえりモネのポスター撮影が行われた場所です。

さらにモネが学生時代に所属していた吹奏楽の演奏を行った場所としても登場します。

少し高い所にあるので、さえぎるものがなくゆっくりと大島の海の景色を楽しめます。

おかえりモネ「森の町」宮城県登米市のロケ地

「森の町」宮城県登米市のロケ地①長沼フートピア公園

高校を卒業後にモネが働く「米麻町森林組合(よねま)」がある場所として登場します。

米麻森林組合はドラマの設定上で、よねま診療所やカフェ椎の実などが集まった場所となります。

風車の撮影など外で行われた撮影は、この場所がメインで撮影されたのではないかと思います。

長沼フートピア公園は敷地がかなり広い公園で、キャンプなどもできます。

「森の町」宮城県登米市のロケ地②登米市長沼ボート場クラブハウス

モネの職場である「米麻町森林組合(よねま)」の建物が登米市長沼ボート場クラブハウスです。

登米市長沼ボート場クラブハウスは長沼フートピア公園の中にあります。

「米麻町森林組合(よねま)」の建物の周辺の撮影は登米市長沼ボート場クラブハウスを中心となっています。

ドラマの設定上では、よねま診療所やカフェ椎の実も「登米市長沼ボート場クラブハウス」内にあります。

「森の町」宮城県登米市のロケ地③水沢県庁記念館

モネが自転車で駆け抜けるシーンは、水沢県庁記念館がある通りで撮影されました。

下宿先も北上川の近くにある設定になります。

実際に水沢県庁記念館も北上川の近くにあるので、モネが通勤や生活で使う道として登場しそうです。

「森の町」宮城県登米市のロケ地④登米町教育資料館(旧登米高等尋常小学校)

おかえりモネの記者会見が行われた場所が、登米町教育資料館(旧登米高等尋常小学校)です。

明治21年(1888)に建てられた木造の校舎は、学校として使われた後に資料館として残されています。

ドラマの中でどのようなシーンで撮影場所として使われたのかはまだわかっていません。

記者会見が行われた場所ということもあり、なにか重要なシーンで使われた可能性もありそうです。

「森の町」宮城県登米市のロケ地⑤登米森林公園

おかえりモネの森の中のシーンが、登米森林公園の中で撮影されています。

公園内にはキャンプ場や森林セラピーができるハイキングコースや山道があります。

ドラマの中ではさまざまなシーンで登場する場所になりそうです。

おかえりモネはいつまで放送で全放送回数とは?

おかえりモネの放送回数はまだ発表されていないようです。

前回放送されていた「おちょやん」を元にいつまで放送されるのか?

全放送回数を予想してみたいと思います。

おちょやんの放送回数は?

おちょやんの放送回数は全115話で全23週で最終回を迎えました。

実はおちょやんの放送回数は全125話予定でしたが、感染拡大などを受けて放送回数が短縮されました。

放送していた期間は、2020年11月30日~2021年5月15日で約5か月半となります。

おちょやんの前に放送されていたエールはというと、全120話で完結しています。

感染拡大前の作品は、おおよそ130話くらい放送されることが多かったようです。

おかえりモネの放送回数や期間はいつまで?

おかえりモネの放送回数を予想すると、多くても120話前後になるのではないかと思います。

おかえりモネの放送期間は、2021年の11月前後ではないかと予想されます。

まとめ

おかえりモネの撮影場所は、「海の町」気仙沼市も「森の町」登米市も自然が豊かで素敵な場所です。

実際にロケ地や撮影場所がどんなシーンで登場するのかも注目したいと思います。

ドラマで登場するきれいな景色は、見ているだけでも癒されそうです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる