宮島咲(マツコの知らない世界)のwikiや経歴は?ダムカレーの種類も気になる!

2017年2月28日(火) 20時57分~22時00分マツコの知らない世界【ダムカレー&ライオンの世界 】に宮島咲というダムマニアそしてダムカレーマニアが出演するそうです。

 

ダムカレーというのを初めて聞く人も多いと思います。

私もその一人でしたが調べていくうちに不思議な魅力にやられました(笑)

 

そんなダムカレーのことを調べてみました!

 

Sponsored Links

宮島咲のwiki風プロフィール

 

 

  • 名前 宮島咲
  • 生年月日 1972年
  • 出身地 東京都
  • 肩書 老舗割烹料理店「割烹三州家」5代目ダム事業部長
       日本ダム協会認定元ダムマイスター

 

 

宮島咲の経歴は?

 

脱サラをした28歳頃からダムめぐりを始めて関東地方を中心に600基ほどのダムを訪問、生涯の目標は国内のダム約2700基の制覇らしいです。

 

 

2002年インタネットサイト”ダムマニア”を開設しダム関係者に注目されるようになった。

 

ダム工学会や日本ダム協会主催の講演、 フォトコンテスト審査委員なども務めた経験を持っているそうです。

 

NHKの”熱中夜話”やMONDO21”山田五郎のマニア解体新書”などTVやラジオなど多数の出演がありダムマニアとして有名人になったそうです。

 

著作は”ダムマニア(オーム社)”や”ダムカード大全集(スモール出版)”、日本ダム協会”月刊ダム日本”やオーム社2水と水技術”、井上よしひさ氏著”ダムマンガ”にコラム連載などなど。

 

 

ダムカレーについて

 

色々な型式のダムをかたどったダムカレーを提供しているそうです。

 

全国からダムカレーを目当てに割烹三州家にダムファンが訪れるているそうです。

 

ダムカレーは元々まかないとしてダム好きな方にひっそりと提供していたそうです。

 

ですが新聞に取り上げられるないなや瞬く間に広まり問い合わせが殺到したとの事です。

 

それからは裏メニューとしてダムカレーを提供することになったようです。

 

また、ダムマニアに向けた”ダムカレー施工教室”なるものまで開催してしまったようです。

 

皆さん真剣にダムに見立てたごはんをしゃもじで形成している様子がありました。

 

そしてなんとこの教室に参加された方には宮島咲さんのお名前の入った”ダムカレー施工技術師認定証”が授与されるそうですよ。

 

Sponsored Links

ダムカレーの種類も調べてみました!

 

 

日吉ダムカレー

 

京都府の丹波地方にある日吉ダムを再現したカレーだそうです。

 

 

 

宮ヶ瀬ダムカレー

 

神奈川県にある関東屈指の重力式コンクリートダムで知られる宮ヶ瀬ダムを模したカレーで、テレビ東京の『アド街ック天国』で紹介されて話題になったカレーらしいです。

 

 

 

湯西川ダムカレー

 

栃木県にある湯西川ダムを模したダムカレーです。

 

 

そしてこれがマツコの知らない世界で紹介されるカレーです。

 

他にもまだまだあるようですね。

 

こんなに奥が深いとは思ってもいませんでした^^;

 

まとめ

 

今回は宮島咲(マツコの知らない世界)のwikiや経歴は?とダムカレーの種類も気になる!という事で調査してみました。

 

まさか老舗の割烹料理屋店でダム事業部があるなんてびっくりですよね!

 

ちなみに宮島咲さんはTwitterで郵便屋さんがダム事業部宛の郵便物をここでいいんですよね?!という顔でやってきたとツイートしてました。。。

 

さぞかし郵便屋さんも驚いた事でしょう。。。

 

なんだかまだまだ謎が多い宮島咲さんですがマツコとどのようなトークで盛り上がるのか楽しみですね!

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*